「一緒に働きたい」と言われる管理職を育成する、
リーダーシップ研修・コミュニケーションスキル研修。
「1on1ミーティング」のスキルや「コーチング」など、7つのビジネススキルを習得。

ABOUT JRLA
日本リレーショナルリーダーシップ協会(JRLA)とは?

日本リレーショナルリーダーシップ協会は、
日本で唯一*の「ビジネスリーダーのコミュニケーションスキル」に特化したビジネススクール・認定機関です。
*当協会調べ(2019年4月現在)
研修プログラム

ビジネスリーダーに特化した
研修プログラム

認定資格

「認定ビジネスリーダー」
の資格を取得

サポート

充実のフォローアップ体制

REASON
選ばれる理由

選ばれる理由01
01

管理職の業務に必要な7つのコミュニケーションのスキルをワンストップで習得できる

コーチング、1on1ミーティング実施スキル、ファシリテーション、ネゴシエーション、チームビルディング、ビジョナリー・リーダーシップ、プレゼンテーション。
リーダーに必要なコミュニケーションのスキルを、当協会プログラムにて、ワンストップで習得できます。
02

「分かる」で終わらず「使える」ようになるための認定制度付き研修プログラム

JRLAの研修は、「使えるようになる」にこだわり、豊富な実践演習と認定制度で、その効果を高めています。
「これなら使える!」と研修対象者から喜ばれています。
選ばれる理由02
選ばれる理由03
03

スキル習得と同時にリーダーの「人間力」を高められる

研修の中の演習・ディスカッションにおいて、これまでの自分自身を振り返ったり、考えや理想を語ったりすること、他の研修者や講師、メンターとの関わりの中で刺激を受けることによって、研修者の内面に変化がおき、リーダーとしての人間力・マインドを高めることができます。

NEWS
お知らせ

BLOG
人気ブログ記事

1

「あのとき“クビ”にしなくて本当に良かった」あるリーダーの冷汗とは

もしあなたが人事権のあるリーダーであれば、組織やチームに対して悪い影響を与えるような人物には、異動や最悪の場合は解雇を考えたこともあるでしょう。 有名アパレルブランドが運営するメガストアのストアマネジャーだったEさんも、そのような課題を抱えていました。

2

リーダーが悩む「年上の部下」との接し方

雇用形態の変化などに伴い、「年上の部下」への接し方に苦労する管理職・リーダーが多いようです。リーダーは「年上の部下」にどのように接したら良いのでしょうか?

3

無口の部下にどう接したら良いのか?

傾聴しようと思っても、部下が無口なら意味がない。 では、無口の部下に話をさせるには、どうしたら良いのでしょうか?

4

設立記念セミナー「リーダーシップ開発と組織にもたらす効果」レポート

2019年9月11日にJRLA設立記念セミナーが東京・大手町で開催されました。

5

研修担当者の悩み「コーチングなんて」という社内の反対

コーチングの導入を検討している企業内の研修担当者からは、「ある役員がコーチングに懐疑的で…」とか、「現場の責任者から『(相手から引き出す)コーチングより、教えた方が早い』と言われ、手を焼いています…」などの声が聞こえてきます。研修担当者は、「どのように説得したら良いか…」と日々頭を悩ませていることでしょう。

CONTACT お問い合わせ

管理職・リーダー研修をご検討中の法人様はお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意をしております。